タグ別アーカイブ: オーダー家具

ikpドア(建具製作)

ikpの建具ドア古材

ikpドア製作シャビー

建具の製作です。

完成して吊り込み後にまたアップしますが
ikpの古材は家具以外にも建築として使用します。

かなりワイルドな仕上がりを想像しますか?

いやいや、これから少し落ち着いたトーンへと色を重ねる過程で
下地にはやり過ぎ位のカラーを入れるとうっすらと浮かび上がります。

引き戸のドアーですが、普通の開き戸も製作可能。

新築や改築の新規製作から、既存建具の入替など、現場に合わせて製作可能。

リビングに繋がるメインのドアなどに、アクセントとしていかがですか?

古材風なアンティークIKPドレッサー

IKPドレッサー

IKPドレッサー

IKPシリーズにドレッサーが入ります。

アンティーク加工でありながら温かみのある風合いの仕上がり感。

椅子はIKPシリーズでも好評のフレームに
こちらもユーロ圏のアンティーク感あふれる布をセレクト。

サイズ W900 D410 H730 TH1480と
デスクとしても使えるサイズ。

サイトに登場する前に、興味のある方ぜひお問い合わせ下さい。

ドアなど建具としての古材家具ikp。

古材建具ドア

古材ドア

ikpは家具だけではなく建具としても活躍しています。

ドアが一枚変わると部屋の雰囲気ががらりと変わります。

既製品ではないのでサイズが自由に変えられるし、塗装の仕上げも思いのまま。

同じ物が存在しない、一枚しかないikp独特の古材感も新品でありながら
使い古した感じが、ピカピカのありふれたドアでは絶対に出ない雰囲気。

リフォーム・リノベーションを検討中の方、意外に見落としがちな建具ドアも
古材家具ikpがサイズオーダーで対応します。

サイズオーダー可能なikpオールドミラー。

ikp古材オールドミラー

ikp古材オールドミラー

ikpの古材オールドミラーです。

古民家を解体した時にうまれる廃材を利用して作られた、ユーズド感たっぷりのフレーム。

ikpオールドミラー ホワイト の詳細はこちらから。

こちらサイズオーダーも可能です。お問い合わせはこちらから。

IKPのテーブルと椅子

ikpダイニングセット

ダイニングセットikp

ikpテーブルとikpチェア。

テーブル1200は4人掛けにちょうどぴったりなサイズですが
余裕があれば1500サイズをオススメしています。

写真は1200テーブルに4脚をセットにした雰囲気です。

脚はカタログやサイトに掲載していない物ですが
このような斜め脚のテーブルもセットにしています。

レザーは4脚ご購入のお客さまは4脚とも別々の色にしたり
いままで4脚ぜんぶ同じ色という方が少ないのもikpチェアーを
購入いただいた方の傾向。
みなさんインテリアを本当に自由に楽しんでいますね。

また掲載していないレザーやファブリックでも製作可能です。

ご要望に合わせて作れるのもikpの特徴の一つです。

ikp TVボード

IKPTVボード

IKPTVボード

ikpのtvボードです。

カタログにもサイトにも掲載してませんが、このようなシャープな感じのデザインも
古材を組み合わせる事でワンランク上の安っぽく無いtvボードに仕上がります。

もちろん新規デザインでの特注・オーダー家具の製作も可能です。
シャビーな感じの家具を探している方、自分だけのオーダー古材家具いかがですか?

本日の静岡新聞に掲載されました。

古材家具ランプ

古材家具とらんぷ

古いものと新しい物。
古いものと古いもの。
このランプ、災害時にも役に立つ灯油で灯せるすぐれものです。

古材家具ikpは一般家庭での使用を想定して作ってますので
店舗什器としても十分に使用可能です。

こんな感じにお店のアイテムを引き立たせてくれますよ。

地元紙ですが、静岡新聞の朝刊にikpの記事が掲載されました。
朝から問い合せが入っており静岡新聞の地元の支持率が分かります。

私たちの会社はショールームが無いので工場現場となっていますが
出荷前の商品や試作品などがありますので、ご覧いただく事ができます。

もしよろしければ事前にご連絡いただけると大変助かります。
これから家具を購入予定の方、一度遊びに来てください。

ある店舗改装のお仕事を通じて。

街角の自転車

街角の自転車

10月末にリニューアルオープンする店舗改装の家具や什器を担当しています。

その店、オープン後に人が集まる「コミュニケーションスペース」へと
業態転換をしながら運営する予定です。

そのオペレーションについて仲間とアイディアを出しながら
人が集まる事の価値と効果について、最大限に立地場所を活かす事ができるのかを
模索している最中です。

お店をオーナーの希望にあった作りにするのは、図面や仕様が決まればその通りに進めるだけなので
そこは今までの経験に沿った仕事+(プラス)その状況に合わせた新しいアイディアを盛り込んで
仕上げる事はできます。

でも、その後のオペレーションまでを考えるとなると、ただのオーナーの希望通りに作れば良い
というわけではなく、それに沿った仕様を加えて微調整にまで口を挟む事になりました。

今までとは違う仕事で楽しくもあり、経験値を積める貴重な仕事になりそうです。

意図するものと意図しないものの融合=古材家具ikp

閉校の壁面

静岡の古学舎

デザインとは製作する者の意図。
世の中にありとあらゆる溢れる物には
すべて製作したものの意図がすり込まれている。
けれど、身の回りの古い物に注目すると
自然の影響や不特定多数の使用者によって
同じ物が2度と作り出せない独特のあじわいがある。
これは作る人が意図しなかったもの。

古材家具ikpが使う足場板。
現場でついたペンキのあとや古い鉄の錆びたあと
自然の雨風にさらされて風化した部分があり
意図しない表情が残されている。

この「意図しないもの」に
ikpは「意図的に」加工をし
新しい感覚を生み出しています。

自宅カフェのビーンズビレッジさん。

別注ikpテーブル

ビーンズビレッジのikpテーブル

南足柄市にあるカフェ&雑貨のビーンズビレッジさん

春にテーブルと椅子を購入していただき半年。
お客さまもファンも順調に増えているということで
店内の様子を写真で送っていただきました。

自宅の1階をカフェと雑貨のお店にした
お家カフェの「ゆったりと友達の家に遊びに行く」感覚です。

テーブルと椅子が活躍してくれている姿を見ると
製作したこちらも本当に嬉しくなります。

ランチから夕方までのカフェタイムで営業中とのこと。

こちらの方面に遊びに行くときは、ぜひ寄ってくださいませ。